TOP > 保護動物一覧 > チーム阿蘇 AMO

チーム阿蘇 AMO ♂  3歳(2018年時点)  13.1kg  

  • マイクロチップ
  • 避妊/去勢手術
  • 予防接種
※詳細は下記参照※多数扱っているため、情報が誤っている場合があります。ご了承ください。

里親希望申し込みフォーム

NO.0001-425
とっても怖がりのおとこのこです。
おうちの中ではご機嫌でソファの上でおもちゃで遊んだり、ぶんぶんしっぽを振って甘えたりしています。
少し要求ぼえはありますが、お留守番もこなしています。

ただ、来客が来るとケージに逃げ込み居留守を決め込みます。
お散歩は苦手。車、人、電車の音などすべての刺激が怖くて仕方がありません。
気長にお散歩トレーニングをして下さるご家庭にいけるといいねぇ。

★トレーナーさんからシェルターボラさんへのコメントです。ご参考までに。
「ミグノン内では甘えん坊ですが、お外は怖くて仕方ないAMOくんのお散歩についてです。ご参考までに。

なるべく刺激の少ない場所を選んでお散歩。とりあえずミグノンでは、少し落ち着いた明治神宮裏まで頑張って抱っこ。
電車や車の大きな音、急に聞こえる聞きなれない音などには過剰に反応します。
怖がると、人と向かい合わせの状態でどんどん後ろにさがろうとし、それを無理にそのまま抑えようとしても、ハーネスや首輪が抜けそうになります。これが一番怖いときかと思います。
なので、AMOくんがプチパニックの状態に陥った時には、すぐにリードを短く持ち、AMOを横から抱えるように足元に引き寄せてあげてください。このとき、犬と人が同じ方向を向いた状態でしっかりと支えてあげてください。
その状態でしばらくやり過ごし、落ち着いたかなと思ったら、またお散歩の練習に戻りましょう。
事前
に大きな刺激が来そうだということが分かるときには、先にこのように横でしっかり支える状態を作ってあげられるとなお良いと思います。
少しずつ頑張ってお外に慣れて、お散歩が楽しいと思ってくれるようになるといいですね。」

2019/4/12更新

[預かりボランティアより]

家に来てから約2ヶ月が経ちました。

◆散歩について

家が大通りに面しているということもあり、来た当初は車や人など外のすべてが怖くてパニックを起こし、散歩らしい散歩はできませんでした。

リードをつける時点ですでに震えているような状態でしたので、まずは家の中をリードをつけて歩くことからはじめ、それを喜び楽しめるようになり、だんだんと玄関まで行けるようになりました。

その流れで外に出られるようになり、現在もまだ外が怖い気持ちはありますが、近くの公園まで歩いて行き排泄もできるほどになりました。

焦らず少しずつ、AMOのペースで練習していくことで、外は怖くないということを理解していってくれると思います。

◆家でのこと

トイレは一度も失敗したことがなく大も小もきちんとトイレシートの上にします。

でたよ!って教えに来てくれることもあります。

シャンプー、ドライヤーの最中もおとなしくしていてくれます。

「まて」「よし」「お手」なども完璧です。

吠えたことが一度もなく、遊んでいて「ワフ♪」と小さく声が出たり、寝言でモニョモニョ言うくらいです。とってもかわいいです♪

インターホンの音は苦手ですが、安心できる場所に自分でサッと移動してじっと耐えています。ここでも吠えることはありません。

また、私が咳込んだときなど「どうしたの?大丈夫?」といったかんじで飛んできてくれます。やさしい!

現在までは問題行動はひとつもなく、優等生です。

人間の言葉をよく理解し、気持ちや雰囲気をきちんと感じとっているように思います。

とても賢く、優しい子です。

 

AMOのInstagramはこちら→

———-

 

チーム阿蘇について詳細はこちら→


このページのトップへ