TOP > 保護動物一覧 > くさび

くさび ♂      

  • マイクロチップ
  • 避妊/去勢手術
  • 予防接種
※詳細は下記参照※多数扱っているため、情報が誤っている場合があります。ご了承ください。

里親希望申し込みフォーム

NO.0001-356
2016.3.15 東京都動物愛護相談センターから保護

■ミグノン代表のtwitterより
「中野チーム2」

《2017/8 猫シェルターより》
「くさび型の前髪、黄色のまん丸おめめ、むっちりお腹、スカンクみたいなしっぽ、力強いスリスリ。
一度見たら忘れられないお顔。くさびちゃんをだっこしたらそのキュートさの虜です。みんな大好き。
「トイレに難あり」と引き継がれ猫シェルターにやってきましたが、お気に入りのトイレとシーツから始めて、
トイレ以外でしそうになればボラさんが、「トイレあっちだよ」と教えてあげ、「あ、そうか」とトイレにする。
そんなことを経て今ではほぼトイレで大小できるようになりました。誉められてのびるタイプです。
猫シェルターでは「天才」と呼ばれています。
環境がかわれば最初は粗相があるかもしれませんし、完全にとびしっこは治らないかもしれませんが、
気に入るトイレと、場所を見つけてあげて、根気よくつきあってあげてください。
おもちゃで遊ぶときも、甘えるときもいつでも全力なくさびくん。個性的でとってもかわいいですよ。
抱っこ大好き。ブラシも、爪切りも全く問題ありません。
付き合っていく症状もありますが、本人はいたって元気一杯です!いつでも全力で甘え尽くしています。
先住動物のいない環境でのびのびそして愛情たっぷりに迎えてくださる家族を募集します。
本当に愛情深く愛らしいこです。唯一無二の存在になるでしょう。くさび君、オススメですよ!」

《ご飯のこと》
一度、膀胱炎の影響で陰茎が腫れ、オシッコがつまりましたが、現在は改善、以後再発なし(2018.12)。
膀胱炎になりやすい体質とのことで療法食「phコントロール オルファクトリー」を食べています。

《トイレのこと》
通常より大きいトイレに、固まるタイプの砂(トフカス)を使用しています。
トイレの中でたちしっこすることもあり、トイレなど工夫みててください。
ただトイレの変化には敏感ですのでご注意ください。また、鉱物系の砂はオススメしません。

《からだのこと》
・鼻炎もち。症状がでればお薬でコントロールしています。
一度、重症化し入院しましたので、症状がでたさいは早めに受診してくださいね(^-^)


このページのトップへ